2018/8/1 The Way to T-Dream

今回はこれまでのレコーディングについてのお話しなどさせていただきました。

レコーディング、皆さん必ず同じ道を歩まれます。

T-Dream賞の寺島正樹さんもその同じ道を歩まれました。

最初はレコーディングではなく、楽曲を渡し、Keyを確認するだけでしたが、寺島さんがすぐに曲を覚えられたので、簡単なオケをその場で作り、歌を細かく分けて、軽くレコーディングをしました。

そして二回目、寺島さんも歌を覚えて、実質上、初めてのレコーディングとなりました。

その時のテイクがファースト・テイクということで、YouTubeにも上げております。

この時は覚えたばかりなのてすが、とても丁寧に歌われたことと、新鮮さが加わり、ファースト・テイク独特のいい歌となりました。

これは寺島さんだけでなく、レコーディングをする歌手、皆さんに言えることで、ファースト・テイクは誰の作品もとても印象深い歌になっているのです。

しかし問題はその次のレコーディングです。
少し慣れも出てきて、余計な力が入り、新鮮さも無くなり、本人は気持ちよく歌われるのですが、歌も崩れて、いただけない作品になる事が多いのです。

寺島さんもやはり同じ結果になりました。

それで初めて本当のスタートラインに立てるのです。

それで前回、三回目のレコーディングでは、寺島さんは丁寧過ぎるほどに歌われたのですが、恐る恐る歌う歌で、元気の無い歌となりました。

しかしこれも必ず歩まなければならない過程なのです。

このようにしてT-Dream賞の「明日へのお土産」のレコーディングは進んでいます。

昨日はこのようなお話をさせていただきました。

いよいよリリースの日程も近日中に決定しそうなので、これからは本番のレコーディングです。

T-Dream賞、素晴らしい賞なのですが、受賞後のレコーディング、そう簡単ではありません。

しかしこのレコーディングを終えて、配信リリース出来た時の喜びは何よりも変え難いものだと信じています。

来年の「めざせラジオの星」では、その日のスペシャル・バージョンのオケプラス生演奏でお届けする予定です!

T-Dream賞、来年も再来年も続けて行くことが出来るように、私 木村菜緒も頑張り、楽しませていただきます。

T-Dream賞、佳境に入ってきました!

木村菜緒

 

画像は餅の田中屋さんのアイスもなか♪

伊藤会長に「これちょっと食べてみて!」とオススメされていただきました。

アイスクリンのもなか?

サッパリ味の美味しいもなかでした。

伊藤会長曰く、「ユーミンが福井に来た時にこれを紹介したら、ラジオでお喋りしてこのもなかが有名になった!」とのことでした。

内心ホントかな?と思っていたのですがそれらしきことが書いてあるブログを発見!

大変美味しゅうございました~♪

 

天埜めぐみ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です